母親の子宮内の生体液の重要性は何ですか?多かれ少なかれ液体を持っていることは危険ですか? (羊水)

妊娠中に赤ちゃんが子宮内で保護された状態で生活できるようにする透明で無菌の液体は、羊水と呼ばれます。羊水は、母親の子宮内で赤ちゃんが快適に動くことを可能にし、外部からの衝撃やその他の危険から赤ちゃんを保護します。羊水のもう一つの特徴は、37度で安定した状態を保ち、夏の暑さや冬の寒さから胎児を保護することです。あなたは母親の子宮の中で重要な液体である羊水についてのすべての詳細を見つけることができます。

羊水の源は何ですか?

それは、生後3週目からの胚の上の非常に小さなギャップとして現れます。それは徐々に成長し、胎児の周りに水嚢が形成されます。この嚢を満たす羊水は、主に嚢を形成する膜と、4か月目から腎臓が始まる胎児の尿から構成されます。

羊水のほとんどは、97〜99%の水とミネラル塩で構成されています。また、羊水穿刺を行うと、検査対象の胎児の皮膚細胞、殺菌性のあるタンパク質、胎児の皮膚を覆う白い分泌物である胎脂、さらには毛が残りを形成します。

赤ちゃんはこの水を飲み込めますか?

はい、これは完全に正常です。羊水は胎児に飲み込まれ、尿として排泄されます。これにより、液体が常に更新されます。 4ヶ月目から胎児に飲み込まれた羊水は、消化器系と呼吸器系に豊富に含まれています。この液体の一部は尿に変わりますが、一部は腸に吸収されて血液に流れ込みます。これは、胎盤の助けを借りて母親の有機体に運ばれます。

羊水の量は異なりますか?

赤ちゃんの体重が増えると、水分の量も増えます。妊娠7週目で20mlの水分量は、30〜32週で1リットルのピークに達します。その後、38週目まで少し減少し、800mlとして出生するまで一定に保たれます。

過剰な水分の原因とその治療方法は何ですか?

超音波で赤ちゃんの周りに見られる黒い部分は羊水です。羊水は、妊娠の初めに胎児がこの液体の中で自由に泳ぐとき、その体重が終わりに向かって増加するにつれて、赤ちゃんの周りのポケットとして現れます。水分の正常な量は、赤ちゃんが健康であることを示す重要な兆候です。羊水が過剰にある可能性があります。羊水の量は定期的に変化する可能性があります。この状況は妊娠の発達に問題を引き起こしません。子宮の大きさに比べて水分量が多すぎる場合、2リットル以上の状況は憂慮すべきです。この状態は羊水過多症と呼ばれます。これは、体液の過剰な産生または胎児による不十分な産生が原因である可能性があります。糖尿病と血液の不適合は、最も一般的な母体の原因です。この場合、液体の過剰な分泌があります。時には、赤ちゃんが飲み込むのを妨げる食道や胃の狭窄が、水分の吸収を妨げることによって羊水過多症を引き起こすこともあります。羊水過多症は、子宮に過度の緊張を引き起こし、陣痛を引き起こすことにより、早産を引き起こす可能性があります。このリスクを防ぐには、薬で十分な場合があります。ただし、この処理では不十分な場合は、針を使用して液体を排出する必要があります。

流動性が低下する原因とその処理方法を教えてください。

逆に、液体の量が少ない場合があります。羊水の不足は羊水過少症と呼ばれます。この状況は、赤ちゃんの健康を深刻に脅かします。羊水過少症は、異常、特に腎臓の異常または赤ちゃんの胎盤機能不全が原因である可能性があります。時々、水袋が無関心に開かれたり、ポーチが漏れたりしたときに発生します。妊娠の継続については、現在の期間と理由に応じて決定されます。羊水過少症は初期に発生すると、赤ちゃんの肺や四肢の発達に深刻な影響を与えるため、妊娠中絶を検討することができます。後期に発生する羊水過少症は通常、胎盤機能不全が原因であるため、出産は赤ちゃんが生き残ることができた瞬間から考えることができます。

羊水穿刺はどのように行われますか?

羊水穿刺プロセスでは、非常に細い針を使用して羊膜嚢に入り、そこで赤ちゃんが泳ぎ、体液が吸引されます。手順の前に、詳細な超音波検査が実行され、赤ちゃんの状態と位置が評価されます。その後、羊水穿刺に適した領域を決定し、準備を開始します。処置中に針が赤ちゃんの胎盤を通過しない、赤ちゃんから離れた領域を見つけることが重要です。

手順の前に、妊婦は超音波テーブルの上に仰向けになります。針が挿入される領域が消毒液で洗浄された後、腹部は滅菌包帯で覆われます。医師は、超音波で手順を実行する医師を案内します。手順を1人で行う場合は、特別に設計されたアルトソンガイドを使用する必要があります。手順を実行する人は、超音波画像の下で腹部に針を置き、最初に腹部のひだを通過し、次に子宮の筋肉を通過して羊膜に入ります。超音波で針先を見た後、注射器を背中に取り付けて約20ミリリットルの水分を取ります。この段階で、赤ちゃんの羊水はすべて約200〜300ミリリットルになります。採取した水分は血が混じっていてはいけません。十分な量の液体が取られた後、針は一回の動きで取り除かれ、プロセスは完了します。赤ちゃんは1〜2時間以内に摂取した液体を再生します。次に、赤ちゃんと心臓の鼓動が超音波検査によって再評価されます。患者は10〜15分間休んだ後、帰宅することができます。採取した液体は室温に保たれ、実験室に送られます。全体のプロセスは1〜2分かかります。

飲みすぎると水分量が増えますか?

羊水の量は、母親の喉の渇きとは直接関係ありません。

羊水はどのように感染しますか?

これは、膣や尿路の感染症が原因で発生することがよくあります。リステリア症など、母親の血液中の細菌が感染症を引き起こすことがあります。

羊水の色は変わりますか?

羊水の色は通常透明です。色が曇ったり緑がかったりする場合は、赤ちゃんの便が問題になります。これは多くの場合、子宮内の赤ちゃんの栄養が乱されていることを意味します。出産中または出産間近に気付くこの状況では、出産を早める必要があるかもしれません。羊水に血液がある場合、状況の原因は胎盤の早期分離である可能性があります。母親と赤ちゃんに大きな危険をもたらす可能性のあるこれらの状況では、すぐに病院に申請することが有益です。