妊娠中に詳細な超音波検査はどのように行われますか?

赤ちゃんのすべての臓器に加えて、頭蓋骨、脳、顔、胸郭の内側、腹部、腕、脚、脊椎の臓器が詳細に調べられます。一方、超音波検査では子宮頸部の長さと赤ちゃんの水分も調べられます。

  • エドワーズ症候群
  • 胎盤の問題
  • 赤ちゃんの手足の骨の数または形
  • 水頭症
  • 腸を含む腹壁の異常
  • 手足の欠落または短縮
  • 主要な腎臓の問題
  • 肝臓を含む腹壁の異常
  • 脊髄の問題
  • 胸や腹部の問題
  • 無脳症
  • 赤ちゃんの頭蓋骨の問題
  • 心臓の重要な構造的発達上の問題
  • 顔の問題
  • 脊椎の発達上の問題
  • 心臓の問題

詳細な超音波はどのように行われますか?

これは、20〜30分かかるプロセスです。これらの操作の適用順序は次のとおりです。

  • まず、妊婦さんに就寝をお願いします。
  • 次に、妊娠中の母親の腹部にジェルを塗布し、プローブの先端から赤ちゃんを表示します。
  • これらの画像はモニターに表示されます。
  • 必要なレポートは放射線科医によって作成され、妊婦と共有されます。
  • イメージングプロセスは、子宮と卵巣の表面から始まります。嚢胞や子宮筋腫などの構造がここに存在する場合、そのような状況が検出されます。
  • 子宮の口を検査する期間。長さは3センチと長くなると予想されます。
  • この手順の直後に、赤ちゃんが検査されます。この段階で、赤ちゃんの腕と脚、生殖器領域、腹部、心臓、胸郭、頭と首が検査されます。

詳細な超音波検査は何回できますか?

必要に応じて、最初の塗布から約4週間後に詳細な超音波検査を再度行うことができます。この方向での最善の決定は、専門医によって行われます。ただし、妊娠期間に悪影響を与える問題についての言及がない場合は、2回目の適用は必要ない場合があります。