妊娠中の喉の痛みには何が良いですか?

妊娠中は、免疫系が他の期間よりも脆弱であるため、一部の病気のリスクが高くなります。妊娠中は、喉の痛み、インフルエンザ、風邪、インフルエンザなどの上気道疾患にかかる可能性が高くなります。この時期に発生する喉の痛みを抑えるためには、初期段階での治療が必要です。妊娠は薬物使用に適した時期ではないため、喉の痛みには天然およびハーブ製品を使用できます。

喉の痛みが風邪、インフルエンザ、または風邪によって引き起こされた場合、その原因はウイルスであるため、特定の薬物治療はありません。抗生物質を使った治療は、喉の痛みを引き起こすウイルスには何の影響も及ぼしません。抗生物質療法は細菌の問題に使用されます。不必要に使用された抗生物質は病気を治さず、より深刻な問題を引き起こす可能性があります。特に妊娠中のこのような問題を制御するために、ビタミンのサポート、水分の消費、そして十分な休息が推奨されます。使用できる簡単な鎮痛剤と抗生物質については、医師に相談する必要があります。この期間中、副鼻腔炎、肺炎などの細菌感染症がある場合は、医師の助言と監督の下で抗生物質治療を適用することができます。

妊娠中の喉の痛みに対するハーブの提案

喉の痛みがそれほどひどくない場合は、熱いお茶を一杯飲むと痛みを和らげることができます。お茶は蜂蜜とレモンで味付けすることができます。このように、痛みはより早く消えます。お茶を飲みたくない妊婦は、睡眠障害を避けるために、温水にレモンを数滴と蜂蜜を小さじ1杯加えることができます。お茶と同じように、のどの痛みにも効果があります。

ジンジャーティーは、妊娠中の喉の痛みにも使用できます。生姜をすりおろし、5分間茹でます。沸騰した生姜汁はろ過され、蜂蜜とレモンを加えることで消費できます。

日中はあまり冷たくない水に小さじ1杯の塩を加えることで、うがい薬として2回使用できます。うがい薬を塗ると血行が良くなり、去痰効果があります。

にんにく2〜3片をよく噛んで飲み込みます。ニンニクは天然の抗生物質として喉の痛みを和らげます。

ザクロの皮は喉の痛みに良い薬用果物の1つでもあります。ザクロの皮はすりおろすかブレンダーに通し、お茶のように淹れます。淹れたてのお茶をカップに入れて飲みます。

妊娠中の喉の痛みの治療のために、マスタードシードのコーヒーカップの半分を叩き、大さじ1杯の蜂蜜、半分のレモンジュース、半分の小さじ1杯の塩と混ぜます。コップ1杯の水を加えて茹でます。混合物が冷えた後、うがい薬として使用されます。

妊娠中や通常の喉の痛みが原因で、食事が困難になることがあります。このため、液体食品を与える方が適切です。特にレモン入りチキンスープは喉の痛みに良いスープです。

妊娠は、体が敏感で壊れやすい時期です。ほとんどの意識のある母親は、この期間中は薬の使用を避けます。したがって、それは自然なハーブ療法に変わります。

妊娠中は、医師の勧めなしに薬を使用しないでください。のどの痛みだけでなく、他の病気もある場合、自宅での治療法でもコントロールできない場合は、必ず保健所への申請が必要です。