ヨーグルトを食べる5つの強力な理由

トルコ全土のさまざまな地域から得られた科学データ。私たちの社会の100人のうち35人だけが通常のヨーグルトを消費していることを示しています。 「私は通常のヨーグルトを食べません」と言うなら、あなたはあなたの胃の中にヨーグルトのためのスペースを作る必要があることをあなたに思い出させたいと思います。あなたが定期的にヨーグルトを食事に加えることができるように、私はあなたと重要な科学的情報を共有したいと思います:

1抗生物質に解毒剤効果をもたらします: あなたが抗生物質を使わなければならないときはいつでも、あなたはヨーグルトがあなたの毎日の食事においてより重要になることを心に留めておくべきです。抗生物質は、体内で病気を引き起こす有害なバクテリアを破壊し、腸内の有益なバクテリアを死に至らしめます。抗生物質の使用に関連する有益なバクテリアを腸内に保存したい場合は、抗生物質を服用した後にヨーグルトを摂取することを怠ってはなりません。

2ビタミンB群の生成をトリガーします: 私たちの体はそれ自体でほとんどビタミンを生成しません。腸内のこの生物学的事象は、一部のビタミンB群とビタミンKにのみ有効です。ビタミンB群;体のエネルギーバランス、神経系の伝達、免疫系疾患からの保護に重要な位置を占めているため、食べ物と一緒に摂取することが不可欠です。ただし、ヨーグルトには魔法の効果があります。通常のヨーグルトを食べる人は、腸内でビタミンB群を生成し始めます。この効果を得るには、ヨーグルトを水と一緒に摂取する必要があります。このため、ギリシャヨーグルトではなく、通常のヨーグルトを食べる必要があります。

3バランス血糖: 研究によると、酸っぱくないヨーグルトやスキムヨーグルトを食べる人は、通常の血糖値を持っています。また、ヨーグルトは腸を通過するのが遅い食品であるため、食べた後の血糖値への反映も非常に遅いです。このため、ヨーグルトはプレーンでスキム、酸味のない形で食事と一緒に食べることをお勧めします。

4それは病気に対する自然の盾です: 乳酸が含まれているという事実は、ヨーグルトを他の多くの食品と区別する最も重要な要素です。乳酸は、腸内環境を酸に変換することにより、言い換えれば、環境のpHを低下させることにより、発ガン性物質の増殖を防ぎ、同時に免疫増強代謝物を増加させます。基本的に、ヨーグルトは優れた免疫ブースターです。ヨーグルト中の乳酸菌;ガン、感染症、胃腸疾患、喘息の予防に大きな効果があります。ヨーグルトを毎日新鮮に摂取すると、この病気予防効果がさらに高まります。

5消化を和らげます: ヨーグルトに含まれるラクトバチルスブルガリクスは、排便を促進する特殊な細菌であり、どの食品にも含まれていません。ヨーグルトは乳酸菌のおかげで有害なバクテリアを殺すことで下痢の形成を防ぎ、腸が健康な室内環境であることを保証します。明らかに、このカルシウム貯蔵発酵乳製品は完全な腸洗浄剤であると言えます。ヨーグルト;高品質の動物性タンパク質含有量のおかげで、食べた後のカルシウムの吸収を増加させ、腸内の満腹ホルモンも刺激します。