子宮頸がんの診断におけるSMEARテスト

パパニコロウ試験としても知られるパパニコロウ塗抹検査は、女性の子宮頸がんを診断するために使用される検査です。子宮頸部(子宮頸部)から細胞を採取して、膣内で行います(図1)。パパニコロウ塗抹検査で子宮頸がんを初期段階で診断すると、治療の可能性が大幅に高まります。この検査では、子宮細胞の変化も観察でき、将来癌になる可能性のある細胞も特定できます。

これらの異常な細胞を検査で事前に決定することにより、子宮頸がんが発生する前または非常に早い段階で診断することができます。この検査により、子宮頸がんだけでなく、子宮内層から発生する子宮内膜がんも診断することができます。

どのくらいの頻度でそれを行う必要がありますか?

21〜65歳の女性は、3年ごとにスミアテストを受けることをお勧めします。 30歳以上の女性を対象にHPV検査と併用する場合(コテスト-コテスト)、5年ごとに実施できます。特別な場合には、治療ガイドライン(ASCCP)の推奨により、年に1回行うことができます。 HPV検査は、高リスクタイプの性感染症ヒトパピローマウイルス(HPV)を検出するために実施されます。このウイルスは子宮頸がんも引き起こす可能性があります。

子宮頸がんまたは検査結果でがん化する可能性のある細胞の検出後(病理結果が陽性の場合)、ジエチルスチルベストルの出生前にHIV感染が発生した場合、喫煙、または臓器移植、化学療法により免疫系が弱くなった場合または慢性的なコルチコステロイドの使用、それなしでより頻繁に行われるべき塗抹検査。

テストプロセス後

スミアテストは非常に簡単なテストです。痛みのないアプリケーションです。検査中に実施されます。検査結果が陰性(正常)の場合、子宮頸部に問題はなく、次の定期検査まで検査の必要がないことがわかります。一方、陽性の検査結果(病理学的結果-異常な結果)は、患者が癌を患っていることを絶対的に示すものではありません。

子宮内の炎症や小さな細胞の変化の結果として、検査が陽性になることもあります。軽度の細胞の変化は通常自然に消えるので、監視し、待って、もう一度見ることがしばしば好まれます。このような場合、1年後に別のスミアテストが実行されます。異常な結果を伴うHPVの高リスクタイプがある場合、子宮頸部はコルポスコピー生検でより詳細に検査されることがよくあります。