脳腫瘍の症状は何ですか?

脳腫瘍の症状(良性または悪性)は、腫瘍の大きさ、細胞の種類、場所によって異なる場合があります。

症状は、腫瘍が脳を圧迫し始め、神経を破壊したときに発生します。同時に、脳脊髄液の循環が腫瘍によって中断されると、いくつかの症状が見られます。

最も一般的な症状;

頭痛: 頭痛は脳腫瘍の兆候かもしれませんが、ストレス、栄養失調、脱水症など、さまざまな理由で頭痛が発生する可能性があることを忘れてはなりません。

脳腫瘍によって引き起こされる頭痛は、朝の時間帯に最もひどくなります。睡眠からの頭痛で目覚める、過去に頻繁な頭痛を経験する、時間の経過とともに頻繁な頭痛、吐き気と頭痛を伴う嘔吐は、頭痛が脳腫瘍に起因する可能性があることの手がかりです。

脳腫瘍の患者の3人に1人は、頭痛を訴えて医師の診察を受けます。腫瘍によって引き起こされる頭痛は非常にひどく、長期間続く可能性があります。

朝の痛みは正午に向かって和らぐことができます。脳への腫瘍の圧力が高まるにつれて、頭痛はより深刻で頻繁になります。かがんだり、咳をしたり、運動したりしても、頭痛が増す可能性があります。

吐き気:脳腫瘍によって引き起こされる吐き気は、主に朝に見られます。吐き気は、嘔吐と持続的なしゃっくりを伴う場合があります。

しびれ: 眠気は通常、脳腫瘍が特定のサイズに達したときに発生します。腫瘍が成長して頭蓋骨の周囲の組織に圧力がかかると、しびれが生じ、通常よりも多くの睡眠が必要になる場合があります。

視覚と発話の問題: 腫瘍が原因で、眼の障害、物体の形状の変動、はっきりと見えない、トンネル視力、複視、視力喪失などの問題が発生する可能性があります。

話しているうちに、言葉を忘れたり、発音できなかったり、何が話されているのか理解できないなどの問題が発生することがあります。

震えとけいれん: 脳腫瘍が原因で発生する筋肉のけいれんや震えは、通常、手、腕、脚に見られます。

一部の震えは、発作の形で全身に見られ、患者が1〜2分間意識を失う原因となる場合があります。脳腫瘍の治療に成功すれば、震え、発作、筋肉のけいれんが完全に消える可能性が高くなります。

ただし、場合によっては、腫瘍が除去されたにもかかわらず、脳の組織が損傷したために震えや筋肉のけいれんが続くことがあります。これらの震えと筋肉のけいれんはてんかん薬でコントロールできます。

その他の症状: 脳腫瘍の他の症状には、体のバランスと歩行の維持の問題、気分のむらと人格の変化、集中力の欠如と記憶の問題、腕と脚の感覚の喪失が含まれます。

原因のない笑い声「脳腫瘍」の症状