保健省からの「ダノン」声明

この件に関して省が行った声明の中で、「保健省は、世界保健機関の「母乳と赤ちゃんに優しい保健機関の奨励」プログラムを乳児の栄養に実施している。保健省は、どんな会社や製品でも。」言われました。

このニュースについて、省から声明が出されました。

トルコの「APTAMIL」スキャンダル英国人

英国は、世界をリードする離乳食ブランドAptamilのプロデューサーであるダノンのトルコでの広告キャンペーンについて話し合っています。独立系新聞に代わって調査ジャーナリズム局が実施した調査によると、トルコでのダノンの離乳食アプタミルの販売過程では、生後6か月の乳児のニーズは母乳だけでは満たすことができず、母親はこの不足を補うために離乳食を購入することをお勧めします。インデペンデントはその見出しでニュースを発表し、この状況が1970年代のネスレの食品スキャンダルを思い起こさせたと説明しました。当時、多くの国がネスレをボイコットしていました。

WHOとユニセフは用心深い

インディペンデントは、成長する食品市場は欧米の国際企業にとって非常に重要であると述べ、このキャンペーンのおかげで、トルコの離乳食の売上は少なくとも15%増加したと主張しました。新聞は、その理由は、母親が必要がないのに離乳食を使い始めたからだと主張しました。ダノンはまた、キャンペーンが世界保健機関[WHO]の勧告に沿って開始されたと述べ、世界保健機関と国連機関であるユニセフがキャンペーンを支援していると述べました。これに応えて、世界保健機関はダノンに彼の名前とロゴの使用をやめるよう要求しました。ユニセフはキャンペーンを支援していないと報告しました。ダノンは最新の動向に応えました。キャンペーンはここで「母乳と競争する」ことを意図していません。私たちの主な関心事は米粉などの「不適切な」食品です。 「ユニセフのトルコ支部、世界保健機関、その他のいくつかの組織が私たちのキャンペーンを支援しました。世界保健機関は、独自のロゴを書面で使用することを許可しました。キャンペーンのおかげで、母親は赤ちゃんにミルクを与えることが63%増加しました。見積もり。"