腹痛には何がいいの!腹痛に良い食べ物はこちら

胃の冷え、食中毒、食べ過ぎ、体に慣れていない食べ物の摂取などが原因で発生する可能性のある胃の痛みは、日常生活に支障をきたすほど効果的です。胃の痛みがあるときに何かを食べるという考えは良く聞こえないかもしれませんが、いくつかの食品はあなたがあなたの胃を落ち着かせて痛みを和らげるのを助けることができます。

- 痛みが始まったら、より快適な位置に移動して食事を休む必要があります。だからあなたは痛みがどこから来ているのか理解することができます。

シナモンは胸焼けや嘔吐を和らげます。

-ココナッツをミルクベースの飲料に加えると、胃にリラックスしてガスを含まない効果があります。

ゆでたカリフラワーは、酸の攻撃から胃を保護します。

-サラダや前菜にはリンゴ酢をお勧めします。

ほうれん草を蒸すか、ゆでます。新鮮な葉をサラダとして食べましょう。

-豆、エンドウ豆、レンズ豆に含まれるバイオフラビオノイド物質は、胃の保護因子を高めます。

-バナナをおやつと一緒に食べると、胃の灼熱感がなくなります。バナナはまた、胃の酵素と細胞の生産を増加させます。

甘草は強力な胃の保護剤として知られています。研究によると、それは胃の過剰な酸性度を減らします。

生のジャガイモジュースは胸焼けの自然療法です。じゃがいもを皮をむき、果汁を固いフルーツピューレに絞ります。水、にんじんジュース、セロリジュースと混ぜて飲んでください。

-りんごやさくらんぼを新鮮に、またはジュースを抽出して摂取すると、痛みが和らぎます。このように、胃の機能を調節することにより、腸内寄生虫に対する予防策を講じます。

-定期的な食事と睡眠のパターンは、あなたの痛みに積極的に反映されます。食べ過ぎでお腹を苦しめないでください。

-タマネギとニンニクの消費を避けることはあなたが痛みから逃れるのを助けるでしょう。

-ドライまたはフレッシュのミントを摂取することは有益です。

-ミルクを飲む代わりに、ヨーグルトとケフィアを飲む

-痛みを伴う下痢の問題がある人は、たくさんの水を飲む必要があります。

自分で適用する方法で痛みの治療法が見つからない場合は、必ず医師の診察を受けてください。