リンパ腫の症状は何ですか?

サブタイプの異なるリンパ腫は、基本的に「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」の2つの主要なカテゴリーに分類されます。非ホジキンリンパ腫(NHL)は、すべてのリンパ腫症例の大部分を占めています。

非ホジキンリンパ腫(NFL)の最も一般的なサブタイプは、B細胞リンパ腫、濾胞性リンパ腫、慢性リンパ性白血病、およびマントル細胞リンパ腫です。

すべてのリンパ腫タイプは、破壊された細胞を繰り返し分裂させることによる細胞再生サイクルの破壊の結果として発生し、他のタイプの癌のように、100を超える新しい細胞が生成されたときに死ぬ必要があります。

繰り返しますが、他の種類の癌と同様に、リスクを高める要因は知られていますが、リンパ腫を患っている人とそうでない人がいる理由についての明確な情報はありません。

リンパ腫の症状

リンパ腫の最も一般的な症状は、首、脇の下、鼠径部のリンパ節(リンパ節)の腫れです。異なる領域の1つまたは複数のリンパ腺が同時に腫れることがあります。リンパ節の腫れは通常痛みを引き起こしませんが、一部の人々では、腫れは痛みを伴うことがあります。

リンパ節が過度に腫れている場合、リンパ節は周囲の血管に圧力をかけ始める可能性があります。この圧力により、患部によっては血液循環に問題が生じたり、腕や脚に腫れが生じたりすることがあります。

血管などのリンパ節が過度に腫れているために圧力にさらされた神経は、手、腕、脚にうずきやしびれを引き起こす可能性があります。リンパ節の過度の腫れは、すべてのリンパ腫患者に見られる状態ではありません。