虫垂炎は痛みを引き起こし、それはどのように通過しますか?

重度の腹痛から始まり、吐き気、嘔吐、発熱、便秘などの症状を示す虫垂痛は​​、緊急介入で治療する必要があります。虫垂の破裂は、医師の診察で検出でき、体を危険にさらす可能性があります。致命的な結果につながる可能性のある虫垂破裂は、非常に痛みを伴うプロセスです。

付録とは何ですか?

虫垂炎は虫垂の炎症であり、大腸から伸びる長さ6〜9 cm、厚さ2〜3cmの組織の管です。それは大腸の領域の腹部の右下部分にあります。痛みが始まると、鼠径部の右下から始まり、吐き気や嘔吐などの症状が続きます。

痛みが虫垂炎であるとどのように理解されますか?

患者は自分で虫垂の痛みを発見することはできません。腹痛、吐き気、発熱、嘔吐などの症状で医師の診察を受ける患者は、特定の検査の結果、虫垂炎の痛みがあるかどうかを知ることができます。その人は自分で診断を下しません。必要なテストは、時間を無駄にすることなく実行する必要があります。多くの病気と同じ症状を示す虫垂炎の痛みは、通常の腹痛と比較して腹部に圧痛を引き起こします。これらの症状を経験した人は必ず病院に行かなければなりません。

虫垂炎の痛みがあるかどうかを見分ける方法は?

腹部が通常より硬くなる

-腹部を圧迫したときに右鼠径部に痛みがある場合は、虫垂炎の可能性が高くなります。

-歩行が困難な場合、歩行中に激しい痛みを感じる場合は、虫垂炎の痛みが発生している可能性があります。

-カールの上に横たわると痛みが和らぐ場合、その痛みは虫垂炎が原因である可能性が高いです。

理由はともかく、これらの痛みが治まらず、ひどくなるのであれば、時間を無駄にすることなく必ず病院に行くべきです。

虫垂炎の痛みの原因は何ですか?

虫垂の原因は正確にはわかっていません。多くの理由が考えられます。虫垂の感染または管の閉塞は、虫垂破裂と呼ばれる状況を明らかにし、緊急介入が必要です。

付録の症状は何ですか?

食欲減少

吐き気と嘔吐

腹部の腫れと痛み

ガスによる便秘または下痢

- 火

上記の症状のいずれかがある場合は、すぐに医療施設に行く必要があります。そうでなければ、炎症を起こした虫垂炎の破裂は、患者をより困難なプロセスに置きます。虫垂の噴火には早期の診断と介入が不可欠です。