小頭症の原因は何ですか?それはどのように扱われますか?

小頭症は、赤ちゃんが子宮内で発育し始めた瞬間から行われる検査で発生する可能性があります。場合によっては、出生後にのみ気付くことができるこの神経疾患は、年齢や性別によって、赤ちゃんの頭が他の赤ちゃんよりも小さい状態です。

妊娠の最後の2か月は小頭症にとって重要です

神経疾患である小頭症は、赤ちゃんが妊娠の最後の2か月の脳の発達を完了できない結果として発生します。超音波検査で気づいたとしても、胎児は出産前に介入することはできません。

超音波検査で気付く小頭症は、出生後の新生児にいくつかの検査や検査が適用されます。平均頭囲は35cmです。このサイズ未満の赤ちゃんは小頭症であることがわかります。

小頭症の原因は何ですか?

小頭症は通常、脳の異常な発達に起因する病気であり、最大の原因の1つは遺伝的です。

-赤ちゃんの頭蓋骨の早期閉鎖の結果として発生することが知られている頭蓋骨癒合症では、骨が脳に圧力をかけ、外科的介入が必要になる場合があります。

-小頭症の原因には、ダウン症などの症状も挙げられます。

-妊娠期間中に赤ちゃんが母親の腹に十分な酸素を得ることができず、酸素が減少した結果として発生します。さまざまな合併症により、出産時に小頭症が発生する可能性があります。

-赤ちゃんが子宮内に感染していると、小頭症を引き起こす可能性があります。はしかや水痘などの感染症がその例です。

妊娠中の栄養上の問題が小頭症を引き起こす

妊娠中の母親の不十分な栄養と母親が子供に十分な栄養を与えることができないことも、小頭症につながる可能性があります。

小頭症の赤ちゃんに見られる問題

-話す、座るなどの行動の遅い学習。

-日常生活の継続に必要な動きの問題。

摂食困難と嚥下障害。

- 難聴

失明と聴覚障害

小頭症の治療

小頭症の治療法はありません、それは生涯にわたる病気です。小頭症の早期診断は、赤ちゃんの精神的および肉体的発達にとって非常に重要です。頭蓋骨が早期に閉鎖された場合は、外科的処置が適用されます。早期診断により、神経学的問題を最小限に抑え、赤ちゃんの生活の質を高めることができます。